マンションの土地活用でプライベートが豊かになる

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸保証のある物件とは

つみき

賃貸保証会社付きの賃貸物件は、入居者は保証人いらず、そして大家さんは安定した家賃収入というメリットがあります。ただし審査が必要ですし、入居後家賃を滞納した場合も、すぐに返済する必要があります。もちろん会社により審査基準は様々ですが、安心面を考えれば、やはり他方基準が厳しい会社の物件がいいでしょう。

もっと読む

家賃回収のポイント

男の人

家賃保証会社を利用して万が一のトラブルに備える家賃保証システムと、不動産会社に運営を任せてその代わり家賃保証を受けるタイプがあります。どちらを利用するにしても、保証だけに頼らず経営について学ぶことが大切です。

もっと読む

賃貸物件で土地を活用

マンション

土地は有効活用しよう

マンションは土地活用の種類として、良く行われるやり方です。何も建物がない状況よりも固定資産税が少なくなることもあり、土地を持っているなら活用した方が税金面でもお得になります。マンションを建設する場合には、その土地があるエリアも重要になってきます。人が住みたいと考える土地であるかによって、マンションを建てるかどうかを検討することが大切です。場合によってはマンションよりも有効な土地活用の方法があることもありますので、建設前に検討しておきましょう。一般的にマンションを建てた場合の土地活用は、他の方法に比べて利回りが高いという魅力があります。賃貸物件には家賃収入が生まれるため、高い利回りが期待できるのです。

家賃を収入として得られる

土地活用の方法としてマンションが選ばれるのは、住宅ローンを組むことによって保険の代わりにもなるからです。契約者が亡くなった場合にはローンを肩代わりしてもらえるので、家族への相続財産として遺すことが可能になるのです。更地にしておいた時にはないメリットですので、余った土地がある場合にはマンションなどの賃貸物件として活用することも大切です。建設や運営に関しては、不動産投資会社などのサポートを得ることもできます。管理などを会社に任せることでも、安定した収入を得られるようになりますので契約する会社についても考えておきましょう。オーナーとして成功すれば、家賃収入を安定的な収入源として期待することができます。

手間いらずの賃貸経営術

男の人と女の人

サブリースは、他に仕事を持っているサラリーマンオーナーなどの間で人気の高い賃貸経営方式です。管理会社に物件を借り上げてもらうことで日常の管理業務から解放されるばかりでなく、入居率に関係なく一定の支払いが毎月保証されます。

もっと読む