賃貸保証のある物件とは|マンションの土地活用でプライベートが豊かになる

マンションの土地活用でプライベートが豊かになる

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸保証のある物件とは

つみき

どういうメリットがあるか

賃貸保証会社付きの物件は、入居者にも、そして大家さんにもメリットがあるというのをご存知でしょうか。まず入居者ですが、保証人なしでも住むことができます。ですから高齢者、あるいは外国人世帯のように、保証人になってくれる人がなかなかいないという場合には、審査に通って保証料を払えば住めるので、とても便利な物件なのです。そして大家さんの方は、賃貸保証会社と契約することで、安定した家賃収入が望めます。もし入居者が家賃を滞納しても、賃貸保証会社がその分を立て替えてくれるので、収入に支障が出ることがありません。また滞納をした分の請求も、賃貸保証会社が代わりにやってくれるので、その意味でも契約する価値は大いにあると言っていいでしょう。

気をつけておくべき点とは

しかしこの時は審査が行われます。収入や信用情報は言うに及ばず、場合によっては過去の家賃滞納歴までチェックが入りますし、職業によっても入居が難しいこともあります。もし審査に通って入居できたとしても、保証料を一括納入しなければなりません。家賃滞納の場合は会社が代わりに払ってくれますが、その分はもちろん返済することになります。賃貸保証会社の場合はまだ法整備が完璧でなく、滞納者への督促が厳しいと問題になったこともあります。それを受けて、改善の方向も見られるようになりました。また賃貸保証会社によって基準が異なり、その中には基準が緩く通りやすい会社もありますが、個人情報保護などが心配な場合は、LICCまたはLGO加盟の会社の物件を選ぶといいでしょう。