手間いらずの賃貸経営術|マンションの土地活用でプライベートが豊かになる

マンションの土地活用でプライベートが豊かになる

このエントリーをはてなブックマークに追加

手間いらずの賃貸経営術

男の人と女の人

日常業務をプロに一任

最近は老後の生活資金の確保等を目的として、賃貸経営を始める人が増加しています。現役のうちから始めておけばローンの返済が楽ですし、本業の収入と合わせた生活設計も立てやすくなります。その際、問題となるのが、たとえばサラリーマンとして忙しい日々を送りながら、どうやって賃貸業務をスムーズに遂行するかという点です。しかしこれについても、現在ではオーナーの日常業務を限りなくゼロに近づけることのできる便利なサービスが利用できるようになっています。それがサブリースです。サブリースとは、不動産管理会社がオーナーから物件を一括して借り上げ、それを入居者に転貸することをいいます。入居者の募集や審査等はすべて管理会社が行います。

入居者探しの苦労も解消

サブリースによって管理会社に委託できる業務は入居時のものだけではありません。入居後の日常的な管理、すなわち建物の清掃や修繕の手配、家賃の収納、退去時の点検など、オーナーは賃貸経営にまつわるおよそすべての業務から解放されます。プロフェッショナルな管理業務は、物件に対する入居者からの評価を向上させるのにも役立ちます。さらに、サブリースにはもう1つ特徴があります。それが家賃保証システムです。これは空き室発生の有無に関係なく、オーナーには毎月満室家賃のうちのおおむね80〜90%について支払いが保証されるというものです。入居者確保に苦労しなくても収入が安定するとあって、サブリース方式の人気を高めている大きな理由となっています。